ファッションのモデル

19世紀、最初のライブモデルやマネキンは、服飾メーカーのラウンジでメインの展示物として使われていた静止したダミーや寝たきりの人物に取って代わるものとして名付けられた。 モデル」という言葉が女性を定義する一方で、「モデル」という言葉は彼女がサロンに展示する布を特定していました。 それは、個人の顧客に販売するためのユニークな服であると同時に、大衆市場に適応させるためにファッションのバイヤーに販売された試作品(それゆえにモデルという名前がついた)であった。 モデルドレスとモデルレディは、フランスのクチュールビジネスの商業的成長とその世界市場の中核をなしていたが、命名法は常に多少混乱していた

ルーツ

一般的に、生身のモデルを使ったクチュリエは、チャールズ・フレデリック・ワースが初めてである。 しかし、19世紀のドレス・メーカーの多くは、若い女性が顧客のためにドレスを試着する準備をしていたが、ディスプレイの主な方法は、木製や籐製の人形であったという。 実際、ワースが後に妻となるマリーと出会ったのは、ガゲリン・エ・オピジェという商人を使って、ショールのモデルを店頭で客に見せていたときだった。 2人は1858年に最初のメゾン・カスタムを設立し、マリーは1870年代までメゾンのモデルを指導していた。 メゾン・ウォルトの真の革新は、官僚主義的になりつつあるクチュールメゾンの枠組みの中で、時には小姓や仕立屋をモデルとして雇うのではなく、訓練を受けた多くのメゾンのモデルを使って、職業を制度化したことにあるのです。

20世紀の始まり

ダフ・ゴードン夫人は、1890年代後半にロンドンで最初のモデルパレードを開催したと主張していました。 彼女は、馬車やスポーツモデルを訓練し、Hebe、Gamela、Doloresなどの芸名をつけた。 6フィートの高さのモデルたちは、パレードの間、華麗なポーズをとっていたが、ほとんど笑うことも話すこともなかった。 1910年にニューヨークで、1911年にはパリでデビューしたルシールは、ロンドンの4人のモデルを連れてきて、両大陸の魅力をアピールした。 その後、ドロレスはジーグフェルド・フォリーズに参加し、ファッションモデルはコーラスガールと結びついていきます。

20世紀半ば

odit porro adipisci vero perspiciatis delectus quaerat ea doloribus ipsam dolorem cumque exercitationem quasi minus vel hic. Aut soluta quis asperiores ex dicta ea maxime modi cum laborum adipisci, nihil inventore distinctio hic a libero laboriosam nesciunt fugit voluptas, earum et, architecto placeat enim aspernatur! Magni culpa accusantium id nisi nulla dolores dolorum non assumenda, consequuntur at minima, neque vero ipsa, esse enim illum quod! Itaque earum explicabo cum possimus

最初のモデリングエージェンシー

アメリカで最初のモデルエージェンシーであるジョン・パワーズは1923年に設立され、フォード・モデルエージェンシーは1946年に設立されました。 一方、フランス初のモデルエージェンシーは1959年に設立されましたが、これはフランスのファッション企業が以前から自社のモデルを使っていたからでしょう。 また、1920年代のニューヨークには、モデルを養成するためのモデルスクールがあった。

新しいモデル

1920年代に入ると、ファッションライターたちは、シーズンごとのモードだけでなく、パリの「オープニング」から個々のモデルを取材するようになった。 モリニュー隊長のメインモデルであるスムルン(ヴェラ・アシュビー)は広く知られていたし、1930年代にはロンドンのデパート、セルフリッジの自社モデルが人気キャラクターとなり、スキャパレリのルドはライオン使いと結婚していたと言われている。

現代の時代

1990年代前半、スーパーモデルの躍進に続いて、フレームが軽く、より奇抜な外観を持つ波状のモデルが流行しました。 しかし、それに比例して彼らの賃金が下がることはなかった。 20世紀末には、モデルは新たなセレブリティとなっていた。 20世紀末には、モデルは新たなセレブリティとなっていた。ゴシップ欄を餌にして高額の報酬を得ていた彼らは、立場が危うく、賃金も低く、20世紀初頭のモデルたちとはかけ離れた存在だった。 しかし、黒人モデルのナオミ・キャンベルが大々的に取り上げられたにもかかわらず、21世紀初頭のこの分野におけるカラーモデルの存在感はいまだに薄い。